ロンドン・スタディサポート(LSS)

イギリス留学手続き無料サポート

留学体験談

留学体験談EXPERIENCES

BEET Language Centreの留学体験談

Ms. N Mayuko さん(21歳)ボーンマス

  • コース:インターナショナルアカデミックイヤー(IAY)
    +ケンブリッジ英検(FCE)
  • 期 間:2005年4月25日~10月7日(24週間)
  • 滞 在:ホストファミリー
  • 留学目的:語学習得

授業について

コースレベル 入学時:intermediate(中級)、現在:Advanced(上級)
クラスの人数 12人(平均9~13人)
クラスの日本人数 0人(ジェネラルコースでは1人)
クラスメートの国籍 スイス、スペイン、フランス、ドイツ、韓国、トルコ

簡単に学校生活についてのご感想をお聞かせ下さい。

IAYはいわゆるジェネラルコースと呼ばれる授業で、レッスンは90分×2。授業は、毎日午前午後入れ替わりでした。教科書に沿って文法などを学び、他のコースより話す機会が多く設けられているように感じました。生徒が関心を持つようにゲームやクイズを取り入れることもあり、比較的楽しめる授業が多いと思います。ただ生徒の入れ替わりが激しく、せっかく仲良くなった友達の誰かが毎週末帰国していくのはとても悲しかったです。

FCEは試験対策コースなので、文法、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングなど全てを総合的に満遍なく学びます。1レッスン中に2項目(文法とリスニング、リーディングとスピーキングなど)学ぶこともあり、先生がてきぱきと授業を進めていくので、飽きることも無く、刺激があってとても良かったです。皆、試験に合格することを目標として授業に参加しているので、やる気があって、内容の濃いコースだと思います。皆で1つの目標に向かって努力するというのはすごくいい思い出にもなりますし、クラスメイトと長く一緒に居られるのも魅力の一つだと思います。

最初クラスに入ったときは、自分のレベルより上のクラスにいるんじゃないかと思うほど、周りのヨーロッパ人はよく喋ります。自分の国の言葉と似ているから、彼らは私たち日本人ほど文法を考えないし、間違えることを怖がらないのです。だからよく聞いてみると、彼らの文法はめちゃくちゃだったりします。最初はついていくのがやっとかもしれませんが、1~2週間もすればその環境にも慣れますし、次第に会話にも入っていけるようになって、授業も楽しくなります。日本の英語の授業とは何もかもが違いますが、何よりも違うのがクラスメイトの国籍!この環境だけは日本では絶対作れません。アジア人とヨーロッパ諸国の人では、間違えるところや疑問に思うところが違います。国籍は違えど、日本人と韓国人では大した差がありませんから、ヨーロッパ諸国の人と授業を受けると非常におもしろいと思います。

簡単に学校生活についてのご感想をお願いします。また、留学された学校のお勧め点、そうでない点も教えて下さい。

私は他の学校には行っていないので、BEETと他の学校との違いは明確には分かりませんが、私はフレンドリーで温かい雰囲気の学校だと思います。BEETは大規模でもなく、小規模でもなく、中規模というちょうどいい大きさで、何よりヨーロッパ諸国の生徒が多いのが特長だと思います。大規模で事務的な学校や、小規模で経営困難な状態の学校があるという話もよく耳にしましたが、その点BEETはちょうどいいなと思いました。夏場は生徒数がとても増えるので、ここではちょっとスペースが足りないのでは・・と思いましたが。

また国籍ですが、アジア系が半数以上の学校や特定の国籍の生徒ばかりという学校もあるなか、BEETは色んな国籍の生徒が集まっていて、特にアジア人にとってヨーロッパ諸国の生徒が多いというのは大きな利点だと思います。

BEETにしかない特典といえば、夜にあるナイトアクティビティだと思います。月火木金の夜は、レクチャー、ビデオ鑑賞、ゲームなどを行っていて、月に1回程度、BEETレビューという先生の劇やSing song nightという皆で歌を歌うこともあり、とても楽しめました。 また週末にはバスでの小旅行もあり、比較的安価であちこち行けて、先生のガイド付きなので、オススメです。 毎日何かしらのアクティビティはありますし、退屈することなく過ごせる学校だと思います。

学校について

学校スタッフの対応はどうでしたか?

スタッフは全員フレンドリーで話しかけやすく、相談もしやすいのですが、あまり几帳面ではないので、休暇の申請や残りの滞在期間などは自分できちんと管理しないといけないかなと思いました。またユーモアがあって、しっかりとした先生が多く、授業は本当にいい内容のものが多かったです。特に試験コースや大学準備コースの先生はベテランなので、説明もわかりやすく、授業も内容が濃いです。日本にある英会話学校のアルバイト教師とは違い、彼らは本当に'プロ'なんだなと実感できると思います。

学校行事には参加しましたか?どの行事が一番思い出に残っていますか?

毎週土曜日にあるエクスカーションに何度か参加し、毎晩あるnight activityにも時々参加しました。 皆に人気なのはBEET REVUE(先生たちの劇)やsing song nightで、カンティーンに入れないほど沢山の生徒で賑わっています。他にも映画やレクチャーなどがありますが、数ヶ月に1回あるMartin's Music Nightはかなりオススメです。また夏場は、BOAT PARTYやRELSA PARTY(ボーンマスの語学学校が共同で開催するダンスパーティ)があり、沢山の友達と楽しめて、いい思い出が出来ました。

私が一番印象に残っているのは、BOAT PARTYです。POOLEからボートに乗って花火を見に行くのですが、船内ではまるでクラブのように音楽がかかっていて、皆でわいわい騒いだり、写真を撮ったりし、とても特別な時間を過ごせたと思います。

滞在について

ホストファミリーとの交流はどうでしたか?

私のホストファミリーは30代前半のイギリス人と20代前半のスペイン人の若いカップル+犬というという家で一般的なイギリス人ファミリーのように厳しい制限などがなく、とってもフレンドリーで優しく、着いた日に「ココはあなたの家だと思って自由に過ごしてね」と言われるほど、素敵なホストファミリーでした。特に私は生粋のイギリス人ファミリーを望んでいなかったので、私にとっては学校で一番いいと言っても過言ではないほど素晴らしいホストファミリーでした。

イギリス人家庭だとキッチンを勝手に使われるのを嫌がる場合が多いようですが、私の場合はキッチン(もちろん冷蔵庫や調味料など)もリビングも自由に使えて、シャワーの時間も自由、また夕飯に遅れてもきちんと用意しておいてくれるので、何一つ不満はありませんでした。またホストマザーがイギリス人でないこともあって、よくあるイギリス人家庭のように毎晩じゃがいもが出てくるということもなく、むしろじゃがいもはほとんど無く、色んな国の料理を食べることが出来ました。ホストファミリーがまだ若いためか、ほとんどの事は自由で、時にはホストファミリーの友人と一緒に家でバーベキューパーティをしたり、一緒にパブへ行ったり、ホストマザーとホストマザーの友人と一緒にクラブに行ったりもしました。私の滞在最後の週には、何が食べたいか聞いてきて、好きなものを作ってくれたり、最後の夜には一緒に花火をして、親戚や近所の人も交えて夜中まで色んな話をしました。

ホストファミリーの中には、生徒は生徒、家族は家族と食事を分けたり、家族の行事には一切参加させてくれないというところもあるようですが、私は本当に素敵なホストファミリーに出会えて幸せでした。もしも機会があったならば、またこの家庭に滞在したいです。

ハウスメイトは2人で、今までにスイス(ジャーマンパート、フレンチパート)、スペイン、フランス、ロシアの子と一緒に生活しました。ハウスメイトが多いとシャワーの時間が限られたり、色々制限もあるようですが、私の滞在先は1~2人だったので、色んなことを話したりできて、ちょうど良かったです。

ボーンマスについて

ボーンマスに来る前の印象と実際滞在してみてのご感想。

この留学の情報を調べるまで、ボーンマスという街の存在は知りませんでした。以前YORKに行ったことがあるのですが、もう寒いところは嫌で、少しでも気候の穏やかな南部にしようと思い、ここに決めました。イギリスはどこ行っても寒いのですが、その中でもボーンマスは比較的暖かいのではないかと思います。

小さな街ですが、生活で必要なものは何でも揃いますし、ロンドンやヒースローまでコーチで2時間という非常に便利な場所にあります。また海(ビーチ)があるのは私にとってすごく大きな魅力でした。夏は友達とビーチによく行きましたし、海があるせいか雰囲気が開放的なので良かったです。

小さいですが空港があり、フランスやオランダ、スペインなどに飛行機が出ているので、気軽に旅行に行けます。 

週末の過ごし方について。

週末は、のんびりと過ごしていました。エクスカーションに参加したり、夏場はビーチに行ったり、テニスをしたり、皆でBBQをしたり、またビデオを観ることもよくありました。時には日本のご飯を作って皆で食べたり、パーティをしたりしました。

これから留学する人達へ

これからイギリスへ留学しようと考えている方々にアドバイスをお願いします。

もし留学が出来る状況で、行こうか迷っているのなら絶対に行くべきです。想像しているよりも遥かに沢山のものを得られます。

語学学校への留学での最大のメリットは、色々な国籍の人々と出会えることです。沢山の出会いの中で、きっと一生続いていくような友人にも巡り会えますし、色んな文化を学ぶことが出来ます。そのためにも、同じ国籍で固まらないことが大事だと思います。

海外へ一人で飛び出るのは勇気の要ることかもしれないし、不安もあるかもしれませんが、こっちに来てしまえば、何をあんなに悩んでいたのだろうと思うほど楽しいことがいっぱいです。物価が高く、気候も寒く、不満に思うことは色々あるかもしれませんが、それを日本と比べるのではなく、単なる違いだと思えば不満なんて無くなってしまいますし、イギリスという国の良さが色々と見えてくると思います。

最後に留学してみてのご感想、ご意見をお聞かせ下さい。

最初は色々な不安もありましたが、留学して本当に良かったと思います。本当に沢山のことを学ぶことができ、何より本当に素晴らしい仲間に出会うことができました。既に帰国してしまった友人を訪ねて、彼らの国へ旅行に行ったときの再会の喜びは、とてつもなく大きいです。ここに来なければ出会わなかった仲間に出会えて、そんな彼らと沢山の思い出を作ることが出来て、本当に幸せな滞在生活だったと思います。こんな特別な環境は、日本では絶対作れません。滞在中にも感じていましたが、帰国してから自分がいかに特別な環境に居たのかをさらに強く実感しました。素敵な友人達に出会えたことが、私にとって何よりの自慢です。

LSSについて

なぜロンドン・スタディーサポートを選びましたか?ロンドン・スタディーサポートにイギリス留学の手続きを依頼した感想をお聞かせ下さい。

留学斡旋業者は高い手数料を取るわりに、あまりサポートしてくれないということを聞いていたし、結局ビザ申請や航空券の予約は自分で行うのだから、絶対に使いたくなくて、でも一人で何もかも行うというのは少し不安だなと思っていたところココを発見し、速攻で依頼しました。

何よりも学校のすぐ近くに住んでいらっしゃったので(当時)、信頼できましたし、渡英前はもちろんでしたが、着いてからもすぐ連絡を下さったのでとても安心しました。また時々様子を伺いにわざわざボーンマスまで来ていただいて、様々なアドバイスをくださったり、相談に乗っていただいたりして、本当に感謝でいっぱいです。こんなにも色々とアフターサービス(?)をしていただけるなんて・・・むしろ驚いてしまいました。ですから、何かあったらHaruさんが居る!という大きな安心感がありました。

実際、特に大きな問題や事故などなかなか起こりえないので、大手業者の24時間サポートサービスなど全く必要ないし、無駄な出費だと思います。そもそも日本に居たんじゃ、現地のことなんて分からないでしょうしね・・・。ここまで本当に様々なサポートをしていただいて、本当に感謝しております。本当にありがとうございました。

オンラインコースONLINE COURSE

まだ留学を迷っている方も、お一人で悩まず、

まずはお気軽にお問合せください。