ロンドン・スタディサポート(LSS)

イギリス留学手続き無料サポート

留学体験談

留学体験談EXPERIENCES

Condé Nast College of Fashion & Designの留学体験談

匿名希望(23歳)ロンドン

  • コース:Vogue Fashion Certificate Course
  • 期 間:10週間
  • 滞 在:寮/ホストファミリー
  • 留学目的:自らが進みたい業界の最先端を英語で学びたかったため。

授業について

クラスの人数 12人
クラスの日本人数 1人
クラスメートの国籍 イギリス、アメリカ、オーストラリア、南アフリカ出身のドバイ在住の方、インド、メキシコ

授業内容のご感想

最初の一か月の月曜日~水曜日はFashion Media、あとの一か月はFashion Marketing、すべてを通して、木曜日がVisual Communicationでした。

Fashion Mediaでは雑誌の作り方、どのように稼ぐのか、今に時代、これからの時代に必要な考え、デジタルとの繋がり等を学び、実際に自分たちで雑誌のメイン要素を作りプレゼンテーションします。Fashion Marketingでは一つのブランドが、どのように正しく知名度を広げ、どのように競合と差別化していくのか、そしてこれから使われるであろうプロモーションの例等を学びます。そして並行して、自分が選んだブランドのレポートを作成し、そのブランドに対してのプロモーションストラテジーを作成します。

visual_communication.jpg Visual communicationはAdobeのPhotoshop、InDesignを中心にレクチャーを受けます。そのレクチャーをもとに、前述の二つのunitを完成させます。
英語のコミュニケーションは難なくできたのですが、ジャーナリズムを書く際に、やはりネイティブのような、一ひねりあるような、おっ、と思わせるHead Titleなどはやはり難しく、学校の先生にその都度その都度質問して確認しながら、完成させたのが、難しくもあり、面白かった点です。
また、プロのカメラマン、メイクアップアーティストと仕事する機会があるのですが、そこも興奮した場面です。


カレッジ生活全般についてご感想をお聞かせ下さい。

日本の大学以上に、積極的にコミュニケーションを取っていった方がいいと思います。
カレッジの先生方は、実際にプロとしてファッション、メディア系で働いていた人ばかりなので将来的に何かの繋がりができると思います。
学校は大きくはないですが、とても綺麗です。クラスメートも多彩な人ばかりで、すでにブランドを持っていたり、クリエイティブな仕事をしている人もいるので、できるだけコミュニケーションを取ることをお勧めします。
あと意見が衝突してそこから良いものが生まれていくという考えの人が多いので、反対の意見を持ったなら、積極的に言った方がいいと思います。

昼食は、ほとんどの人が外のカフェなどで買ってくるのですが、毎日続けると費用がすごくかさむので、何かフルーツであったり、サラダなどの簡単なものを持っていくことをお勧めします。

滞在について

寮及びホストファミリーのご滞在はどうでしたか?

私の場合、最初の寮の部屋のシャワールームの水はけが悪く、部屋を変えてもらいました。部屋を変えてもらえたのも、入寮してすぐに寮の受付スタッフに愛想を振舞いていたのが大きいかなと思います。できるだけ、受付スタッフには愛想を振舞いておけば、損はないと思います。

生活するのに買ったものとして、まな板、スポンジ、食器洗剤、トイレットペーパー、床を拭くもの、タッパー。もしキャリーケースに空きがあるなら、タッパーを持って行った方がいいかもしれません。昼食用もそうですし、夕食の残りを入れるのにすごく役立ちました。
逆を言えば、近くのスーパーがほかのロンドンのスーパーと比べても三倍くらいの大きさだったので、ある程度のものはそこでそろいます。

ロンドンについて

ロンドンに来られる前、そして実際ご滞在されてのご感想をお願い致します。

物価は高いというのが印象です。常にどうやってコストを削るか考えていました。
交通は急にストライキなどでキャンセルになることがよくあるので、学校までの行き方を二つ三つ覚えておくといいかもしれません。

これから留学する人達へ

これからイギリスへ留学しようと考えている方々にアドバイスをお願いします。

正直コース中は、帰りたくなった時もありました。ですがコース修了後はやり切ったという思いが説明できないぐらい感じられ、泣いているクラスメイトもいました。とても濃い10週間であり、確実に自分の力になっていると思えます。コース後を心配される方がいらっしゃると思います。しかしそれはどんな大学やどんな専門学校を卒業しても同じことだと思います。
結局は自分でコツコツと様々な企業様にアプライしていかなければいけないと思います。
自分も不安でしたが、結果としてインターンが決まり、業界の入り口に立てました。一緒に頑張りましょう。

日本からイギリスに持ってくると便利な物

タッパー、ワイヤレスじゃないイヤフォン

携帯電話はどうされましたか

常に機内モードでアルゴスやEEでモバイルWIFIを買って、過ごしていました。

お金の管理は、どうされましたか

大学の時に作った、SMBCのクレカとデビットで過ごしていました。正直現金は使いませんでした。現金だと嫌な顔されます(笑)

どうすれば英会話は伸びると思われますか?

ネットフリックスを見まくっていました。個人的な意見として、英語を勉強としてとらえてしまうとストレスを感じてしまうかなと思います。確かに基本的な文法、単語は学ばないといけませんが、それ以降はどれだけ長く英語に触れているかになってくるのかなと思います。好きな俳優さん、ドラマ、アーティストなどをストレスなく見続けることも重要だと思います。
私の場合は、ホラー映画、ストレンジャーシングス、フレンズとBLACKPINKのドキュメンタリーでした!

最後に、今回留学してみてのご感想、ご意見をお聞かせ下さい。

まだまだ進みたい業界に入り口に立ったばかりですが、確実に一歩進めたと心から自信を持って言えるので、一片の後悔もありません。これからもFASHIONを通して色んな世界を見たいです。

ロンドン・スタディーサポートについて

なぜLSSを選びましたか?LSSに代理店を依頼した感想をお聞かせ下さい。

今回入学したカレッジはあまり大きく宣伝していない?ようなところだったので、そういったニッチな学校にも対応していただけるロンドンスタディーサポートさんに依頼しました。

オンラインコースONLINE COURSE

まだ留学を迷っている方も、お一人で悩まず、

まずはお気軽にお問合せください。