ロンドン・スタディサポート(LSS)

イギリス留学手続き無料サポート

留学体験談

留学体験談EXPERIENCES

British Study Centre Yorkの留学体験談

あいなさん(24歳)ヨーク

  • コース:General English 25(週20.8時間)
  • 期 間:2019年7月~8月
  • 滞 在:ホストファミリー
  • 留学目的:語学力向上のため

授業について

クラスの人数 5~15人
クラスの日本人数 1人
クラスメートの国籍 スイス、イタリア、スペイン、フランス、タイ、サウジアラビア、カタール、トルコ、韓国、台湾等

授業内容についてご感想をお聞かせ下さい。

私が受講したコースでは、月~金の午前中の授業と、週2日午後の授業を2時間程度ありました。午前中の授業は生徒ほぼ全員受けますが、午後の授業のスケジュール選択には柔軟性があり、人によってバラバラでした。
午前のクラスは生徒のレベル毎に分けられますが、午後はレベル混合で授業を行いました。IELTS対策に特化したクラスなどもありました。
内容は、文法・発音・リスニング・ライティング・スピーキング等の総合です。英語を鍛える分にも良いのですが、問題やシチュエーションが与えられ、自分の意見を発現する機会が多いので、自分の意識を鍛えられました。
また、留学では"事前に日本のことを知っておく方がいい"というのは本当でした。
例えば政治や選挙制度、経済、外交問題、近年のトピックスまで日本について発言する機会は山ほどあります。留学中にいかに自分が知らないかを痛感しました。英語だけでなく、日本のことを考える必要があることが授業の面白くも難しい点だと思います。
授業の合間にはブレイクタイムがあり、休憩用のコモンルームで休むか街に出て飲み物を買ったりしました。コモンルームには自販機や卓球台なども設置され、あらゆるクラスの生徒が集まるため混雑することが多いです。
良くも悪くも語学学校は出入りが激しいため、クラス人数は毎週変動していました。
違うクラスを試したい等理由は様々あると思いますが、そういう相談を学校に行うと翌日からクラス変更できる等学校のサポート体制はしっかりしていると感じました。

学校全般についてご感想をお聞かせ下さい。

テキストブックはある程度統一されていましたが、授業内容は教師に一任されているようでした。どの授業でも共通なのはペアワークや発言の機会が多い事でした。
私は自由に美術館や買い物に出掛けるのが好きなのでアクティビティーには1度しか参加しませんでしたが、毎週アクティビティーは開催されており、参加は希望制です。
放課後にパブやボーリングに行くなど手軽なものと、週末にバスで小旅行(こちらは有料)に向かうなど内容は様々でした。私が参加したアクティビティーでは街を案内してもらいました。

滞在について

ホストファミリーのご滞在はどうでしたか?

今回私が滞在したホストファミリーは、ホストファミリー歴16年のご夫婦で生徒と接することに慣れている印象でした。
わかりやすいよう英語を話され、困った時は相談すると快く答えてもらえました。
食事は手作りを心がけていられるようで良かったです。
家には私を含めて最大5人のハウスメイトが滞在していました。
夕食は全員揃って会話する機会に恵まれましたが、その他は基本的に自由行動でした。
ホストファミリーはパブで演奏したり、ダンスを教えに行ったり、音楽フェスに参加したりと毎日忙しそうでした。ホストファミリーと一緒に出掛けることはありませんでしたが、ハウスメイト同士で美術館やプールに行ったり、他の町を訪れることができたので充実して過ごせました。
困った点は人数が多いのでバスルームが混雑することでした。

ヨークについて

ヨークに来られる前、そして実際ご滞在されてのご感想をお願い致します。

ヨークは街全体が城壁に囲まれた美しい景観が何よりも素晴らしいと思います。
街の景観を壊すことなくファストフードや服飾の主要チェーン店も揃っており、美術館・博物館や歴史的な建造物も充実しているので中心地は日々地元の方と観光客で賑わっていました。
物価は日本とそう変わらず、何よりも人が親切で治安が良かったです。
また、立地の利便性が高く週末に列車でエディンバラやロンドンに訪問できるのは大きいと思います。

ヨーク

これから留学する人達へ

これからイギリスへ語学留学しようと考えている方々、特に大学生に向けてアドバイスをお願いします。

私は大学の交換留学や資格のためでなく、「行ってみたいから」というのも大きな理由でイギリスに留学しました。そういう理由でも留学が成功したと思います。
留学は自分を大きく成長させる最高の機会だと思います。例えば、英語で注文する・ホテルに滞在する・道を聞くなど経験を積み重ねると英語も鍛えられますし、何よりも自分自身と向き合って自分を表現する必要もあります。
日本でできない挑戦を留学中は毎日のように経験できます。留学は挑戦が多いですが自分を成長させている実感が何よりも大きいです。
多くの事に挑戦してもらいたいです。そして留学中は日本について聞かれることが多いです。日本のことも知りましょう!

日本から持ってきたら便利な物

変換器は必要です。その他の物は大抵現地で揃えられます。文房具は値段が高いのでノートやシャー芯は持って行くと良いと思います。アジア系のスーパーなどもありますが、探すのも手間なので日本食が恋しくなりそうな場合は持って行く方が手軽です。

携帯電話はどうされましたか?

私は日本で普段使用していたSIMフリー携帯を持ってきました。 日本でイギリス用のSIMカードを購入し、イギリス到着後にSIMを入れ替えました。普段使用していたアプリを継続して使えることが利点だと思います。1ヵ月毎に更新がありますが、店で料金を支払い、ネット上で手続きできるので不便は感じませんでした。

イギリスでのお金の管理はどうされましたか?

現金とクレジットカードを併用しました。店での買い物にはほぼ現金を使用しましたが、支払はどちらも可能です。むしろクレジットカードが主流のようです。クレジットカードは列車の予約などネット上の手続きに使用しました。

英会話はどうすれば伸びると思われますか?

自分がどの程度英会話上達を望むかに寄ると思います。短期留学で、会話を通してコミュニケーションを取れるようになりたい場合は、語学学校で日々過ごしていくうちに自己紹介や会話のコツを掴み、上達はできると思います。
自分から話す積極性は必須です。分からないことは聞くなど積極性を持つ勇気があれば英会話をもっと充実させられると思います。
また、語学学校の友人と話すと相手の文化などを知るのには素晴らしいのですが、相手も母国語ではないため使用する単語や会話の慣れが生じます。
英会話上達にはやはり地道な学習の積み重ねが必要だと思います。
私は7週間という期間で英語力は以前より向上したと自己評価していますが、もちろんまだ勉強は必要なので、この留学をスタートとして今後も英語の勉強は続けていくつもりです。

最後に、今回留学してみてのご感想、ご意見をお聞かせ下さい。

仕事に有用であるため英語を上達させたい気持ちもありましたが、昔からイギリスに行ってみたい!と強く思っていたためイギリスに留学することを決意しました。
今回ヨークに留学した経験は一生大切にしたいと思っています。
私の場合は語学学校で日本人が自分だけだったので友人ができるか不安でしたが、最終的には様々な国の友人に恵まれ幸せに思っています。
この留学で終わらせず、これをきっかけに今後は友人に会うために海外に積極的に出掛けたいと思うようになりました。
また、ビザの手続きに問題があったり、仕事の都合で留学期間を変更したりと波乱万丈でしたが、その度にハルコさんに手助けしてもらったおかげで、無事留学を終えることができました。ロンドンスタディサポートのハルコさんの手厚い対応には心から感謝しています。

LSSについて

なぜロンドン・スタディーサポートを選びましたか?

イギリス留学に特化したエージェントを検索する中で、ロンドンスタディサポートを見つけました。無料でありながらサイトの情報も充実しており、何よりも現地でサポートを受けられるため利用させていただけました。多くの事でお世話になり、ありがとうございました。

オンラインコースONLINE COURSE

まだ留学を迷っている方も、お一人で悩まず、

まずはお気軽にお問合せください。